第15回 名古屋クリニック(愛知県)

日 時:2014年1月18日(土) 13:00~15:00
場 所:笈瀬中学校
人 数:女子26名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①アップ 腹筋キープ( ノーマル、横足上げ)、ボールストレッチ
座って片手ドリブル、スキッピング、手つきスキップ、サイド手回し
キャリオカ、ジャンピングパンパン、リズム足上げ(サイド・前クロス)
うつ伏せからダッシュ
②ボールハンドリング ボール回し、片足ボール回し、8の字(大)、
巻き込み、股下持ち替え、手の甲・裏交互、肩ごしスナップ、
(歩きながら)足上げボールスイング、股下交互
③パス 2人組チェストパス、2人組2ボール(チェスト・バウンド・交互)
パス鬼ごっこ、オールコート2面(サークルDEF)
④シュート ビルドアップシュート(45度・正面)
チームシュート(45度・正面)、ゴール下からミートシュート
シュート競争
⑤質疑応答

クリニックの様子

ボールハンドリング

2人組パス

チームシュート

質疑応答

記念撮影

小畑コーチの感想

パスを中心に状況判断を必要とする実践に近いメニューを組みました。DEFが入った練習ではパスが乱れてしまうことが多かったり、チームシュートになるとプレッシャーを感じながらのシュートになりシュートに硬さが出たりすることがありました。1年生、2年生、3年生と少し学年に経験の差は感じましたが出来なくても一生懸命にトライしていたので、今後ともその姿勢、気持ちは忘れないで練習に取り組んでほしいと思いました。先生の方々がバスケット激戦区の名古屋市で勝つために、とても勉強されていて生徒の皆さんに対してもいろいろな経験をさせているお話を聞き、熱心さが伝わり生徒の皆さんも幸せだなと感じました。バスケットだけでなく礼儀正しさもさすが中学生だなと思いました。名古屋はますます寒くなっていきますが指導者のパワーに負けずにこれからも頑張ってください。どうもありがとうございました。