第24回 群馬クリニック(群馬県)

日 時:2016年3月13日(日) 10:00~12:00
場 所:桐生市立商業高等学校
人 数:女子30名+中学生10名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①腹筋 ボールブリッジ、サイドブリッジ(足上げ)
ボールツイスト、股下クロス、ボールキープ
②ハンドリング ボールストレッチ、つまみ上げ、片足ボール回し、動きながらボール回し
(ジョギング、スキップ、サイドスキップ、サイドステップ、キャリオカ)
股下持ち替え(2回目床)、連続ジャンプ股下持ち替え
③2人組みパス リップスルーパス、ドリブル3つパス
ドリブル3つ&フロントチェンジ2つパス
ドリブル3つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル3つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
ドリブル3つ&ダブルレッグスルーパス、ダイヤモンドパッシング
④パス オールコート3メン2ボール、オールコート2メン2ボール
⑤1on1&DEF 間合いDEF(50%、80%、ストップ)
ボールころがしDEFフットワーク、ラグビー1on1、ドリブル1on1
⑥その他 コーンドリブル2on1
⑦質疑応答

クリニックの様子

最初は挨拶から!

ボール腹筋

ボールハンドリング

ダイヤモンドパッシング

チームの目標など・・・

記念撮影

小畑コーチの感想

体育館に入った瞬間、背の大きい選手がたくさんいてびっくりしたのと、とても礼儀が良いチームだと思ったのが第一印象でした。体育館のあちこちにチーム目標や思いなどが書かれており、勝つためにみんなで頑張っていることが伝わりました。
今回は高校生ということもあり、練習での言葉の理解や行動も早く、ファンダメンタルも訓練されていると感じたので、たくさんのことを伝えたいという気持ちになり、練習もあっという間に終わってしまい時間が足りなかったです。練習では試合で使えるように細かいところや意図などを伝えながら行いました。常にコートでは次のことを考えながら確認したり、イメージしたりし、そのような状況でもプレイを正確にすることや良い判断ができるための練習を多くしたつもりです。スピード対スピードだけでは限界がくるので、緩急やタイミング・頭を使うことを身につけることができると、もっと幅が広がると思います。今日の練習で「使える、なるほど」と思うことがあったら試合で使えるように練習してみてください。桐生市立商業高等学校の活躍を楽しみにしているので、これからの練習も頑張ってください。ありがとうございました。