第3回 鈴鹿クリニック(三重県)

日 時:2016年5月7日 14:00~16:00
場 所:鈴鹿市立飯野小学校
人 数:飯野ミニバスケットボールクラブ 女12名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①アイスブレイク 歩き鬼ごっこ(2回目スキップ&歩き鬼ごっこ)
②ストレッチ
③腹筋 ブリッジ、サイドブリッジ、ツイスト、キープ
④ハンドリング つまみ上げ、8の字、背面キャッチ、世界一周
ボール上げ&体タッチ&キャッチ
⑤2人組みパス リップスルーパス、ドリブル3つパス
ドリブル3つ&ダブルフロントチェンジパス
ドリブル3つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル3つ&ダブルレッグスルーパス
ドリブル3つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
⑥その他 6か所パスラン
ノックアウト
アラウンド・ザ・ワールド
スターパスレイアップ
パス鬼ごっこ
5コーンシューティング
ダウン
⑦質疑応答

クリニックの様子

ストレッチ

ハンドリング

2人組パス

ノックアウト

アラウンド・ザ・ワールド

質疑応答

記念撮影

小畑コーチの感想

体育館に入った際に、少し笑顔がないような印象を持ちましたが、少ない人数ながらも頑張っているチームでした。クリニックを始めるとどのメニューも理解&飲み込みが早かったです。今回のクリニックでは、全体的にパスの重要性をみんなに伝えました。まだまだパスが緩いのでチェストパス、プッシュパスどちらもターゲットハンドを出してキャッチからの勢いを利用してもっと強いパスが出せるといいなと思います。競争系の練習も負けたくないという気持ちが出ていたので、その気持ちは絶対に忘れないようにして欲しいです。
メンバーが少ない分、チームワークを大切にしていて、上の子が下の子に親切に教えてあげていた姿はとても良かったです。バスケットはチームスポーツです。人数が少なく、大変なこともいっぱいあると思いますが、仲間を大切にして、これからの練習も頑張ってください。今回もありがとうございました。