第7回 新居浜クリニック(愛媛県)

日 時:2016年7月10日 9:30~11:30
場 所:新居浜市立商業高等学校
人 数:女子中高生 127名
コーチ:小畑 亜章子、池田 有沙(旧姓:藤原)

メニュー

①アイスブレイク 歩き鬼ごっこ(2回目スキップ&歩き鬼ごっこ)
②ストレッチ
③アップ 大きくスキップ、サイドステップ手回し
キャリオカ、リズムジャンプ、ダッシュ
④腹筋 ボールブリッジ、サイド足上げ、ボールツイスト、股下クロス、ボールキープ
⑤ハンドリング つまみ上げ、片足ボール回し、世界一周
動きながらボール回し(スキップ、サイドスキップ、サイドステップ、キャリオカ)
股下持ち替え(1回目床)
⑥パス(2人組) リップスルーパス、ドリブル3つパス
ドリブル1つ&ダブルフロントチェンジパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル1つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
ドリブル1つ&ダブルレッグスルーパス
⑦その他
(高校生のみ)
ラグビー1on1
2メン2ボール
3メン2ボール(2種類)
⑧質疑応答

クリニックの様子

挨拶

ストレッチ

ボール腹筋

2人組パス

2人組パス

1on1

2メン2ボール

サイン会

記念撮影(中学生)

記念撮影(高校生)

小畑コーチの感想

今回は、たくさんの中学生・高校生が参加してくれました。
ファンダメンタルはみなさん上手でしたが、今の現状に満足せず、もっともっとハンドリング等が上達するようにたくさん練習してください。後半は人数の関係で高校生のみとなってしまいましたが、主にオールコートの練習を行いました。練習中、常に言い続けてきましたが「頭を使うこと」をテーマにし、どの練習も「どんな意図があるのか」「DEFをイメージできているか」「1つ先のことが考えられているか」など私自身が必要だと思う技術+α頭を使うことをみんなにも伝えたかったです。形の決まった練習ができることよりも、言われたことに素早く反応、理解ができることや、プレイ中に修正する能力、より実戦に近づけた感覚で毎日練習することが大切だということです。みんな一生懸命に練習に取り組んでくれていたことも、何か吸収しようという姿勢もとても伝わってきました。私もそんなみんなを見てとても力が入りました。2017年には「えひめ国体」があると思いますが、どのカテゴリーでも結果が出るように、まずは各チームの練習を大切にしてください。今後の練習では今日伝えたことの中で参考になったものがあったら意識してみて欲しいです。頑張ってください。ありがとうございました。
そして、今回は愛媛県出身の池田有沙さん(シェル)が一緒にクリニックをやってくれました。言いたいこと伝えたいことが明確で一緒にやっていて楽しかったし、とても助かりました。仲間と一緒にクリニックができることはやはりいいなと感じました。

池田コーチの感想

私の出身地である愛媛県でのクリニックということで、参加させてもらいました。中高校生が対象のクリニックは私自身、初めてだったのですが、考えてプレーをする難しさ、楽しさが感じられたのではないかなと思います。
基礎的なハンドリングなどでは、中学生が頑張ってメニューについていく姿が印象的でした。試合中に自然と身体が反応するくらいまで精度を高めていって欲しいです。バスケットをもっと楽しんで、愛媛県出身のバスケット選手が実業団に沢山増えるといいなと思います!今回はありがとうございました。