第8回 三重クリニック(三重県)

日 時:2016年7月31日 14:00~16:00
場 所:東員町役場総合体育館
人 数:東員ミニバス 男女44名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①アイスブレイク 歩き鬼ごっこ(2回目スキップ&歩き鬼ごっこ)
②ストレッチ
③腹筋 ボールブリッジ、サイド足上げ、ボールツイスト、股下クロス、ボールキープ
④ハンドリング ボールストレッチ、つまみ上げ、片足ボール回し、巻き込み、世界一周
動きながらボール回し(スキップ、サイドスキップ&サイドステップ
キャリオカ、グーパー&グーチョキパー)、股下持ち替え(1回目床)
⑤パス(2人組) リップスルーパス、連続パス、ドリブル3つパス
ドリブル1つ&ダブルフロントチェンジパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル1つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
ドリブル1つ&ダブルレッグスルーパス
⑥その他 パス鬼ごっこ
6か所パスラン
2on2連続
5コーンシューティング
⑦質疑応答

クリニックの様子

小畑コーチの感想

今回のクリニック開催地である三重県は本当に暑かったです。体育館もとても暑く、みんなの汗もすごかったですが一生懸命に練習してくれました。
学年でレベルの差はありましたが、上級生は男女ともファンダメンタルが上手でした。下級生は失敗しながらもコツコツ諦めずにトライしていたのでとても良かったです。しかし、チームプレイや頭を使う練習になった途端みんなの表情も変わってしまったように感じました。思うようにいかないこと、どのように問題を解決していくのか自分たちで考えられず、分かった子がいてもリーダーになれないなど、弱点が見えていました。でも私はそこを隠すのではなく弱点を直していって欲しいと思ったので、キツイ言い方だったかもしれないですが練習中いろんな形で言い続けました。試合になったらやるのは選手で、自分たちがコートで協力してやっていくしかないので、みんなには頭で考えること、そして自分たちで知恵を出し合う力を身につけて欲しいと思います。言われたことを一生懸命にやることも大切ですが、今後はそういったところも意識して伸ばしていって欲しいです。質問したことにはちゃんと答えられていたので勇気を出してチームを引っ張る人も必要です。いろんなことがみえたクリニックでしたが、全然悪いことではなく、弱点を克服できたら必ず試合で結果がでるはずです。悲観せずみんなでこれからの練習も頑張ってください。ありがとうございました。