第20回 北海道クリニック(北海道)

日 時:2017年1月29日 10:00~12:00
場 所:東海大学附属札幌高校
人 数:女子23名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①腹筋 ボールブリッジ、サイド足上げ、ボールツイスト
股下クロス、ボールキープ、スーパーマン
②ボールドリブル ①左右同時、②左右交互、③インアウト、④前後スイング同時
⑤前後スイング交互、⑥左右同時、⑦左右交互、⑧右ハイ&左ロー
⑨右ロー&左ハイ、⑩ジャグリング
③パス(2人組) リップスルーパス、連続パス、ドリブル3つパス
ドリブル1つ&ダブルフロントチェンジパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル1つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
ドリブル1つ&ダブルレッグスルーパス
ドリブル1つ&ダブルバックビハインドパス
④その他 ダイヤモンドパス
ドリブルレアップ
スピードドリブル1on1
チェイサー2対2
3メン2ボール
⑤質疑応答

クリニックの様子

小畑コーチの感想

この日の北海道はたくさん雪があったものの、お天気が良かったので、思ったよりは体育館の中も心地いい気温でした。
クリニックは初めは緊張感もあったのかおとなしく感じましたが、徐々に笑顔も出てきてみんな一生懸命に練習に取り組んでくれました。ハンドリングの中でもコーディネーションすると思うようにできないことがありましたが、あきらめずにトライしてくれていました。意図やどの局面で使うのかなどアドバイスをするとイメージしようとしている姿がとても伝わってきました。練習をただやるのではなく常にイメージすることが身に付くとバスケットがもっと楽しく感じると思います。後半は走る練習の中に瞬時に判断することを主に行いましたが、体力がきつくなると最後のシュートが雑になってしまうことがとても気になり、そこがみんなの課題だと感じました。上に行くためには最後のフィニッシュがとても大切です。雑をそのままにしてしまうとよくないことが習慣になってしまうので、チーム全体で戒めていけるといいなと思います。みんなの頑張る姿に私も力が入り、クリニックがあっという間でしたがとても楽しく感じました。今日伝えた言葉を忘れずにもっと上を目指して頑張ってください。保護者の方もいろいろお世話になりました。本当にありがとうございました。