第22回 千葉クリニック(千葉県)

日 時:2017年3月4日 14:00~16:00
場 所:船橋市立習志野台第一小学校
人 数:習志野台第一MBC 男女46名
コーチ:小畑 亜章子

メニュー

①アイスブレイク 歩き鬼ごっこ(2回目スキップ&歩き鬼ごっこ)
②アップ 大きくスキップ、ニーアップ、ヒールアップ、サイドステップ手回し
キャリオカ、リズムジャンプ、ジャンプ、ラインステップ&ダッシュ
③腹筋 ボールブリッジ、サイド足上げ、ボールツイスト
股下クロス、ボールキープ
④ハンドリング ボールストレッチ、8の字、片足ボール回し
動きながらボール回し(スキップ、サイドスキップ、キャリオカ)
股下ボール持ち替え歩き(一回目床)、連続持ち替え
⑤ボールドリブル ①左右同時、②左右交互、③インアウト、④前後スイング同時
⑤前後スイング交互、⑥右ハイ&左ロー、⑦右ロー&左ハイ、⑧ジャグリング
⑥パス(2人組) リップスルーパス、連続パス、ドリブル3つパス
ドリブル1つ&ダブルフロントチェンジパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル1つ&レッグスルー&ビハインドバックパス
⑦その他 チキンドリブル
ダイヤモンドパス
パス&ランレイアップ
スターパス
ケイポンシュート
⑧質疑応答

クリニックの様子

小畑コーチの感想

駅を降りて体育館まで歩いているとバスや電柱いろんなところにオールジャパンで優勝した千葉ジェッツのポスターが貼ってありバスケットの街だなと感じました。午後からということもありとても気持ちいいお天気でした。今回のクリニックはみんな明るくて返事も切り替えもしっかり身についているチームだなと感じました。コーチから「ファンダメンタル」という要望がありましたので基礎を中心としたメニューをいろいろ行いました。初めてのメニューが多くなかなか思うようにできずに苦戦している練習も多かったようにみえました。チームでもいつも利き手ではない方の練習を多くし意識していると聞いていましたが、今回の練習の中でも左手のパス、ドリブルは利き手とのバランスが悪く感じました。でも失敗してもトライしている姿、気持ちが伝わってきていたので試合で使える練習をするためにはもっと意識してトライして欲しいです。実戦練習はしませんでしたが、左手で出せたらチャンスになる場面がでてくると思います。どちらの手でも自信を持って出せるようした方がチームにも自分にもプラスになると思います。もう一つ、チームで合わせたりするメニューになると自分のことばかりになってしまい、声が全くと言っていいほど出ていなかったです。後半になるにつれて自分たちで気がつき活気のある声が出てきたことがよかったです。わかっている人が積極的にチームを引っ張り生きた声が常に出せるともっといいチームになると思います。みんなの元気で明るいところ、これからも忘れずに今後の練習も頑張ってください。ありがとうございました。