第5回 三重クリニック(三重県)

日 時:2017年6月10日 9:30~11:30
場 所:鈴鹿市立玉垣小学校
人 数:女子62名
コーチ:小畑 亜章子、牛田 悠理

メニュー

①アイスブレイク 歩き鬼ごっこ(2回目スキップ&歩き鬼ごっこ)、膝タッチ、ひっくり返し
②アップ 大きくスキップ、サイドステップ手回し、キャリオカ、ジャンピング、ダッシュ
③腹筋 ブリッジ、サイドブリッジ、ボールツイスト、股下クロス、キープ
④ハンドリング ボールストレッチ、ボール回し、片足ボール回し
動きながらボール回し(スキップ、サイドスキップ、DEFスライド)
2人組ボール2つパス(ボール床、ボール膝間、ボール上げ)
⑤パス(2人組) リップスルーパス、ドリブル3つパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ2つパス
ドリブル1つ&フロントチェンジ&レッグスルーパス
ドリブル1つ&ダブルレッグスルーパス
⑥その他 チキンドリブル、対面1on1
パス&ラン&レイアップ
ドリブル鬼ごっこ
シュート競争
⑦質疑応答

クリニックの様子

小畑コーチの感想

毎年恒例の三重クリニックを今年も行いました。過去はチームが行っていたクリニックでしたが、昨年に続きOGで対応しました。今回は引退してまだ間もないソウ(牛田)と一緒に、鈴亀地区ミニバス6チーム合同の62名の子供たちと一生懸命練習しました。みんな明るく誰一人、弱音を吐かずに黙々と挑戦してくれた姿が印象的でとてもよかったです。学年も経験年数もバラバラだったので差はありましたが、高学年の方はボールを2つにしたりできそうでできないことが多かったようです。そんな中でも何とか「やるぞ」という必死さがひしひしと伝わりました。でもただやみくもにやるのではなくポイントをしっかりと把握して意識してやることも必要です。これからの練習でも全力で練習する気持ちをいつまでも忘れないで頑張って下さい。ありがとうございました。今回はソウと一緒にクリニックをすることができて指導もとても上手で楽しかったです。ありがとう。

牛田コーチの感想

凄く皆積極的にチャレンジしてくれて、上手くなりたいという気持ちを全面的に出してくれていたように思いました。
走るメニューも多く、体力的にしんどくなってきた時も、チャレンジし続ける事や、失敗しても周りの子達も応援したりと、個々の挑戦の中にも仲間意識も強く感じられました。
日々の練習からこの気持ちを忘れず、取り組んでくれると嬉しいです。
私自身、バスケットを通して挑戦し続ける事の大切さや、仲間の大切さを学んだので、苦手なものにもどんどん挑戦してほしいです。
ありがとうございました。