第13回Wリーグ セミファイナル第2戦
日程 2012年2月19日(日)
会場 秋田県立体育館
対戦相手 トヨタ

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 10 10 20 9 49
トヨタ 17 10 10 22 59

 

レポート/Report

1Q: 両チーム、マンツーマン・ディフェンスでスタート。立ち上がり、デンソーが#14大庭、#9牛田の連続3Pで主導権を握る。即座にトヨタは#12矢野を投入し、厳しいオールコートマンツーマン・ディフェンスでデンソーの攻撃を阻止し追い上げを図る。6分経過、トヨタは#12矢野のゴール下、3Pの連続得点、#25久手堅のドライブでデンソーを攻め込む。残り3分を切り、トヨタ#12矢野のバスケットカウントで10-15と点差を広げ、今度はトヨタペースでゲームが進む。デンソーは、#5大沼、#35小畑がアウトサイドから得点を狙うが、ことごとくリングに嫌われる。最後はトヨタ#12矢野のミドルシュートが決まり、10-17とトヨタが7点リードで1Qを終了する。

 

2Q デンソー#14大庭の3Pからゲームが始まる。開始3分経過、両チームなかなか得点を挙げられず、トヨタ前半1回目のタイムアウトを請求する。トヨタはスクリーンを使い、ノーマークからのシュートを狙うが得点に結びつかず苦しい状態が続く。一方デンソーはインサイド#8高田にボール集め20-25と追い上げを見せる。残り30秒、トヨタが#2川原のスティールで得点を重ね20-27とし、トヨタが7点リードで前半を終了する。

 

3Q 追い上げを見せたいデンソーは#8高田のバスケットカウントからペースを挙げ始める。しかしトヨタも#25久手堅、#12矢野の連続得点で追従を許さない。デンソーはパスミスが目立ち始めるが、#35小畑からの合わせで#9牛田が得点をあげ、お互い一進一退の攻防が続く。残り3分、デンソー#8高田のミドルシュートで32-35の3点差まで追い上げる。今ゲーム12得点と活躍をしていたトヨタ#12矢野が4つ目のファールでベンチにさがり、デンソーが勢いづく。デンソー#14大庭の3Pで39-37と逆転。最後はデンソー#8高田のフリースローが成功し、40-37とデンソーが3点リードで3Qを終了する。

 

4Q 開始早々、トヨタは#12矢野をコートに戻し、主導権を握ろうとするが、デンソーの固いディフェンスを攻めきれず得点が挙げられない。4分経過、トヨタは#12矢野、#23鈴木が連続得点を挙げ47-47の同点とする。残り3分、デンソーがタイムアウトを請求するが、トヨタペースでゲームが進み、#15池田、#2川原の連続得点で47-53と突き放しにかかる。残り1分、ここでデンソーたまらず後半2回目のタイムアウトを請求する。残り40秒、デンソーは最後のタイムアウトを請求し、ファウルゲームに持ち込むがここでゲームは終了。49-59でトヨタがセミファイナルGAME2の勝利を飾り、ファイナルに駒を進めた。

ボックススコア/Box Score

NO. 選手名 PTS 3P 2P FT F OFF DEF TOT TO AST STL BLK MIN
*8 高田真希 17 0-0 5-14 7-9 3 3 10 13 3 1 1 0 40
*9 牛田悠理 11 1-4 4-5 0-0 0 1 0 1 2 1 0 1 12
*10 藤原有沙 2 0-4 0-4 2-4 1 2 6 8 4 2 0 0 40
*14 大庭久美子 9 3-8 0-2 0-0 3 0 1 1 2 1 0 0 26
*35 小畑亜章子 0 0-1 0-2 0-0 3 1 4 5 5 7 1 0 40
5 大沼美咲 10 2-7 2-4 0-0 5 2 8 10 1 0 1 0 28
6 浦島慧子 0 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
41 伊藤恭子 0 0-2 0-0 0-0 0 0 1 1 0 1 0 0 13
7 田中こずえ DNP
11 吉田千沙 DNP
12 服部直子 DNP
20 阿部幸音 DNP
31 高田汐織 DNP
33 森川悦子 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 2 3 5 0 0 0 0 0
トータル 49 6-26 11-31 9-13 15 11 33 44 17 13 3 1 200
[PTS]ポイント [2P]2ポイントシュート [3P]3ポイントシュート [FT]フリースロー [F]ファール

[OFF]オフェンスリバウンド [DEF]ディフェンスリバウンド [TOT]トータルリバウンド

[TO]ターンオーバー [AST]アシスト [STL]スティール [BLK]ブロックショット [MIN]出場時間

≪ ひとつ前に戻る