第13回Wリーグ 第15戦
日程 2011年11月19日(土)
会場 静岡県武道館
対戦相手 シャンソン

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 18 17 26 13 74
シャンソン 11 19 12 12 54

<<レギュラーリーグ星取表/順位表はこちら

レポート/Report

1Q:両チームともマンツーマンディフェンスでスタート。デンソー#7田中がミドルシュート・ゴール下のシュートで連続得点すると、シャンソンは#2林の3P・#7渡辺のドライブで得点し、主導権を握らせない。その後、一進一退の攻防が続くが、シャンソンはチームファウルがかさみ苦しい展開になる。#8高田、#7田中が2Pやフリースローを着実に決め、得点を重ねたデンソーが18-11とリードし、1Q終了。

 

2Q:互いに相手の厳しいディフェンスにミスが続き得点が伸びない。開始2分47秒、シャンソンがタイムアウトから流れを変える。#6本川の3P・#23池住の連続得点で4点差まで点差を縮めるとデンソーはたまらずタイムアウトを取る。その後、デンソーは速攻を中心に再び引き離しにかかるが、シャンソンも#23池住がインサイドを中心に得点し、デンソーについて行く。両チームともタイムアウトでオフェンスの流れを変えた。35-30とデンソー5点リードで前半終了。

 

3Q:デンソーは#8高田のバスケットカウントで流れを掴むと、速い展開で着実に得点を重ねる。一方、シャンソンはデンソーの厳しいディフェンスを攻めることができない。シャンソンは選手交代やタイムアウトで流れを変えようとするが、デンソーの速攻を止めることができない。激しいディフェンスから速攻を出し、得点を重ねたデンソーが点差を19点に広げ、61-42で3Q終了。

 

4Q:シャンソンは、ディフェンスをオールコートにしてプレッシャーをかけ負う上げを図るが、デンソーは慌てずボールを運び、時間を使ったオフェンスを展開する。シャンソンは#23池住が連続得点するが、点差はなかなか縮まらない。3Qに走って点差を広げたデンソーが74-54で快勝した。

ボックススコア/Box Score

NO. 選手名 PTS 3P 2P FT F OFF DEF TOT TO AST STL BLK MIN
*7 田中こずえ 10 0-0 4-6 2-2 3 2 3 5 1 0 2 0 33
*8 高田真希 32 0-0 11-20 10-11 3 4 8 12 3 2 2 2 36
*9 牛田悠理 2 0-2 1-5 0-0 0 6 2 8 1 1 2 1 27
*10 藤原有沙 15 0-5 5-14 5-7 4 2 6 8 2 4 3 0 38
*35 小畑亜章子 13 1-2 5-6 0-0 0 1 2 3 3 9 4 0 38
5 大沼美咲 0 0-0 0-1 0-0 0 3 1 4 2 0 0 0 11
11 吉田千沙 0 0-0 0-3 0-0 1 0 0 0 0 0 0 0 6
12 服部直子 0 0-0 0-0 0-0 1 1 2 3 0 0 0 0 4
33 森川悦子 0 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
41 伊藤恭子 2 0-2 0-0 2-2 1 0 1 1 0 0 0 0 6
6 浦島慧子 DNP
14 大庭久美子 DNP
20 阿部幸音 DNP
31 高田汐織 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 1 3 4 2 0 0 0 0
トータル 74 1-11 26-55 19-22 13 20 28 48 14 16 13 3 200
[PTS]ポイント [2P]2ポイントシュート [3P]3ポイントシュート [FT]フリースロー [F]ファール

[OFF]オフェンスリバウンド [DEF]ディフェンスリバウンド [TOT]トータルリバウンド

[TO]ターンオーバー [AST]アシスト [STL]スティール [BLK]ブロックショット [MIN]出場時間

≪ ひとつ前に戻る