第13回Wリーグ 第8戦
日程 2011年10月23日(日)
会場 アクシオン福岡
対戦相手 富士通

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 14 21 23 20 81
富士通 17 14 6 25 62

<<レギュラーリーグ星取表/順位表はこちら

レポート/Report

1Q:両チーム共にマンツーマン・ディフェンス。デンソーは#8高田のドライブ、富士通は#12篠原のインサイドで両チームともセンターの得点にてスタート。前半は両チームともミスが続き思うように点が伸びない。5分にはデンソー#8高田がファールでベンチに下がる。終盤、富士通#8鈴木のミドルシュート、デンソー#10藤原のインサイドで得点し、17-17の同点で1Qを終了。

 

2Q:デンソーは#41伊藤のドライブ、富士通は#15山本のミドルシュートで加点。どちらのチームもディフェンスの激しさが増し、展開の速い攻撃となる。富士通は#45名木の速攻、#3石川、#12篠原のインサイドで加点、デンソーは#10藤原のドライブ・ミドルシュートで対抗し、一進一退の攻防が暫く続く。終盤、共にタイムアウトで流れを引き寄せにかかるが、デンソーが#5大沼・#41伊藤の3P、#10藤原のミドルで抜け出し、38-31とデンソー7点リードで前半を終える。

 

3Q:デンソーが#10藤原のミドルを始め、#8高田のリバウンドシュート、ポストプレーや速いパス回しからの#10藤原の3Pで富士通を寄せ付けない。富士通は流れに乗れずタイムアウトやメンバー交代を実行したり、ディフェンスをゾーンに変化したりと対処するが、得点に結びつかず、61-37とデンソーが一気に24点差に引き離して最終クォーターをむかえる。

 

4Q:最終クォーター出だし、富士通は#1三谷、#15山本、#10町田の3Pで連続得点を挙げ追い上げにかかるが、デンソーは#5大沼、#8高田が中外バランスよく攻撃し追撃を許さない。富士通は残り6分でタイムアウトをとり、オールコートでプレッシャーをかけるが、デンソーは確実にボールをコントロールしてその後も加点を続け、81-62で昨日に続きデンソーが勝利した。

ボックススコア/Box Score

NO. 選手名 PTS 3P 2P FT F OFF DEF TOT TO AST STL BLK MIN
*7 田中こずえ 4 0-0 2-4 0-0 3 0 2 2 0 0 0 0 18
*8 高田真希 21 0-0 8-14 5-6 3 3 5 8 1 1 3 3 26
*9 牛田悠理 0 0-0 0-1 0-0 1 1 1 2 2 0 0 0 7
*10 藤原有沙 23 2-4 8-13 1-2 4 0 6 6 2 2 0 1 34
*35 小畑亜章子 4 0-1 1-2 2-2 1 0 2 2 4 8 0 0 35
5 大沼美咲 12 2-4 3-6 0-0 1 2 7 9 2 5 1 0 30
11 吉田千沙 0 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 1 0 0 0 6
12 服部直子 2 0-0 1-2 0-0 1 0 1 1 0 0 0 0 13
31 高田汐織 0 0-1 0-0 0-0 1 1 2 3 0 0 1 1 5
33 森川悦子 0 0-0 0-0 0-0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
41 伊藤恭子 15 2-2 2-3 5-5 1 0 2 2 4 0 0 0 25
6 浦島慧子 DNP
14 大庭久美子 DNP
20 阿部幸音 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 1 3 4 0 0 0 0 0
トータル 81 6-12 25-45 13-15 17 8 31 39 16 16 5 5 200
[PTS]ポイント [2P]2ポイントシュート [3P]3ポイントシュート [FT]フリースロー [F]ファール

[OFF]オフェンスリバウンド [DEF]ディフェンスリバウンド [TOT]トータルリバウンド

[TO]ターンオーバー [AST]アシスト [STL]スティール [BLK]ブロックショット [MIN]出場時間

≪ ひとつ前に戻る