第14回Wリーグ 第8戦
日程 2012年10月21日(日)
会場 ヒマラヤアリーナ
対戦相手 三菱電機

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 11 17 16 7 51
三菱電機 16 7 10 19 52

 

レポート/Report

1Q:両チームマンツーマンディフェンスからスタート。三菱電機は前半からダブルチームなど、攻撃的なディフェンスで、デンソーに対応する。三菱電機は#24王、デンソーは#33森川と、両チームともインサイドを中心としたオフェンスを展開。デンソーは#10番の3PTSで追いかけるも、三菱電機はインサイドを中心としたオフェンスでデンソーを引き離し、1Qは16-11と三菱電機リードで終了。

 

2Q:デンソーは三菱電機電機のディフェンスに対応。#33森川のインサイドを中心に攻撃を続け、#14大庭のカットインなど積極的なオフェンスが成功。ついに逆転し、前半最後には#14番大庭のカットインも決まって、23−28でデンソーのリードで前半終了。

 

3Q:三菱電機は、ディフェンスを3−2のマッチアップゾーンに変更。対戦するデンソーはマンツーマンディフェンス。三菱電機の攻撃的なディフェンスのタイミングを上手くかわして、デンソー#10藤原が3PTSを決めていく。対する三菱電機も#6櫻木がアウトサイドから積極的なシュートで得点を重ねていくが、デンソーの安定したリバウンドが、終止デンソーにオフェンスのリズムを作り出す。3Qを終わって33-44とデンソーが10点リード。

 

4Q:両チームハーフコートのマンツーマンディフェンスで始まる。3分間得点は動かず、デンソー#10藤原の3PTSをきっかけに、両チームが積極的にインサイドにドライブして攻撃をしていくが得点に繋がらない。終盤に入ると、三菱電機は#3宮元、#6櫻木らの3PTSでじわじわ得点を詰めていく。残り4秒、2点差でリードをしているデンソーのオフェンスから再開。しかしこのオフェンスでは得点ならず、逆に三菱電機#3宮元が残り1秒でハーフラインから放った3PTSが得点となり、52−51で三菱電機が逆転勝利を収めた。

ボックススコア/Box Score

No 選手名 PTS 2PM-A 3PM-A FTM-A F OFF DEF TOT AST STL BLK TO MIN
*5 大沼 美咲 2 1-4 0-0 0-0 1 1 3 4 3 1 0 4 17
*9 牛田 悠理 3 0-3 1-1 0-0 4 4 7 11 1 2 0 5 30
*10 藤原 有沙 22 2-7 5-9 3-4 0 0 5 5 1 1 1 4 40
*14 大庭 久美子 10 3-6 1-7 1-2 1 0 4 4 6 3 0 4 40
*33 森川 悦子 6 2-2 0-0 2-3 3 0 3 3 0 0 0 1 18
3 園田 奈緒 2 1-2 0-0 0-0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
12 服部 直子 0 0-2 0-0 0-0 3 2 2 4 0 1 0 3 20
41 伊藤 恭子 6 3-7 0-2 0-0 2 2 0 2 1 1 0 0 32
1 田中 友美 DNP
6 浦島 慧子 DNP
7 田中 こずえ DNP
8 高田 真希 DNP
11 吉田 千沙 DNP
20 阿部 幸音 DNP
31 高田 汐織 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 3 0 3 0 0 0 0 0
トータル 51 12-33 7-19 6-9 17 12 24 36 12 9 1 21 200

 

≪ ひとつ前に戻る