第16回Wリーグ 第8戦
日程 2014年11月30日(日)
会場 ウィングアリーナ刈谷
対戦相手 JX-ENEOS

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 13 15 9 12 49
JX-ENEOS 6 9 16 26 57

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#9牛田、#13伊集、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 開始早々デンソー#13伊集の3Pで先制。JXは立ち上がりシュートチャンスをうまく作り出せず。その後に#31高田の3Pが決まる。残り時間8分6-0でJXタイムアウト。タイムアウト後、JX#21間宮のジャンプシュートが決まるが、デンソーも#31高田のジャンプシュート、#41伊藤の3Pで応戦。中盤はお互いシュートが決まらない時間帯が続き、残り時間3分50秒、11-2デンソー9点のリード。終盤はデンソー#41伊藤がドライブインでファールを誘い確実にフリースローを決める。JXも#21間宮、#11岡本が得点するものの、1Qは13-6、デンソー7点リードで終了。

 

2Q: 2Qはデンソー#11吉田の3Pで先制。その後お互い一進一退の攻防が続き残り時間7分、16-6デンソー10点のリード。その後も互いに得点に繋がるプレーがなく苦しい攻防が続く中、残り時間4分デンソー#10藤原の3Pが決まる。終盤は#41伊藤、#13伊集のジャンプシュートが立て続けに決まり、残り時間2分12秒、25-12デンソーリードでJXタイムアウト。終盤もデンソーは厳しいDEFから攻撃を仕掛け#1田中のバスケットカウントが決まる。JXも#21間宮を中心に攻撃をするが、28-15デンソー13点リードで前半を折り返す。

 

3Q:立ち上がりは、デンソー#8高田のジャンプシュート。JXは#52宮澤のジャンプシュート、#11岡本の3Pで応戦するが、デンソーも#8高田のジャンプシュート、#31高田の3Pで得点差を詰め寄らせない。しかしその後、JXは立て続けに加点し、残り時間3分19秒、35-27と追い詰め、デンソータイムアウト。タイムアウト後、一進一退の攻撃が続く中、JX#10渡嘉敷のゴール下が決まる。デンソーも負けじと#10藤原のドライブインで応戦。終了間際、JXはブレイクから#10渡嘉敷のゴール下が決まり、37-31、デンソー6点リードで3Q終了。

 

4Q:開始早々、JX#11岡本の連続得点が決まり一気に2点差に詰め寄られる。続いて#21間宮のゴール下が決まり、同点。デンソーはシュートまで攻撃が繋がらず苦しい立ち上がりとなるが、残り時間7分ブレイクから#8高田のジャンプシュート。続いて#41伊藤、#13伊集の3Pが決まり、残り時間5分30秒45-41デンソーが4点のリード。その後、渡嘉敷がバスケットカウントを決め、お互い一進一退の攻撃が続く。JXは間宮を中心に得点を重ねる一方、デンソーは攻撃が単発になり苦しい展開が続く。45-48JXに3点のリードを許し、残り時間4分7秒でデンソータイムアウト。タイムアウト後もデンソーはシュートに繋がるプレーが少なく無得点の時間が続く。JXはブレイクからの攻撃、更には#10渡嘉敷のゴール下が決まり、残り時間2分3秒で45-52、7点のリードを許しデンソー再びタイムアウト。タイムアウト後JXは、#21間宮のバスケットカウントが決まる。デンソーは相手のDEFを崩すことができずにいたが、ようやく#14伊藤のゴール下が決まる。試合終了間際デンソー#8高田がジャンプシュートを決めるも、最終スコア49-57で残念ながらJXに敗退した。

選手コメント

≪田中選手≫
2日間ホームということで沢山の方に応援いただき本当にありがとうございました。満員の会場での声援がアイリスの後押しになりました。2連敗という結果でしたが、ここからアイリスらしいスピード溢れるプレイをたくさんの方に見て頂けるよう全員で頑張りますのでよろしくお願いします。今日は会場を満員にしていただき本当にありがとうございました!

 

≪高田(汐)選手≫
たくさんの応援ありがとうございます。ホームでの試合を勝ちきることが出来なかったのはとても悔しいです。しかし、課題も見つかり、次へのステップも踏めると思います。まだまだ進化できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。

 

≪ ひとつ前に戻る