第13回Wリーグ 第14戦
日程 2011年11月13日(日)
会場 高松市総合体育館
対戦相手 三菱電機

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 15 8 22 17 62
三菱電機 20 13 14 19 66

<<レギュラーリーグ星取表/順位表はこちら

レポート/Report

1Q:デンソーはマンツーマン・ディフェンス、三菱電機はゾーン・ディフェンスでスタート。序盤は三菱電機のゾーン・ディフェンスが奏功し、インターセプトなどから#54橋本の速攻などで加点。デンソーも#10藤原の3Pなどで得点を重ねるも、三菱電機は#3宮元や#24王のインサイドで得点を伸ばし、15-20と三菱電機の5点リードで1Qを終える。

 

2Q:序盤はどちらも決め手を欠き膠着状態。三菱電機#24王のポストプレーやデンソー#5大沼のシュートが単発で決まるのみ。中盤からデンソーがディフェンスで仕掛けて反撃のきっかけを作るも、三菱電機がインサイドを利用した巧みな攻撃でフリースローを確実に決めるなど点差が広がり、前半は23-33と三菱電機の10点リードで折り返す。

 

3Q:後半立ち上がりは両チームともアップテンポな展開となる。三菱電機#24王、デンソー#8高田がともにインサイドを決める一方で、三菱電機#14関根、デンソー#7田中がアウトサイドを決め、小気味よく展開する。中盤にデンソーがゾーン・ディフェンスで仕掛ける。三菱電機がインサイドへの展開を断たれ攻めあぐねる隙に、デンソーが#10藤原の3P、#5大沼のミドルシュートなどで得点を重ね、45-47とデンソーが2点差まで追い上げ最終クォーターへ。

 

4Q:開始直後から三菱電機の激しいゾーン・ディフェンスをデンソーは攻めあぐねる。これに乗じ、三菱電機#12風間、#14関根のインサイド、#6櫻木の3Pなどが立て続けに決まり、残り6分、45-54となったところでデンソーがタイムアウトを請求。タイムアウト後、デンソーは落ち着きを取り戻し、#41伊藤などがミドルシュートを立て続けに決め、残り5分で53-54と再び追いつく。しかし、三菱電機は#6櫻木、#3宮元らの3Pまたも引き離す。デンソーはマンツーマン・ディフェンスから#5大沼の速攻や#10藤原の3Pで追いすがるも届かず、62-66で三菱電機が勝利した。

ボックススコア/Box Score

NO. 選手名 PTS 3P 2P FT F OFF DEF TOT TO AST STL BLK MIN
*7 田中こずえ 5 1-5 1-5 0-0 0 1 5 6 5 1 0 1 29
*8 高田真希 14 0-0 4-13 6-7 1 4 0 4 0 2 1 1 26
*9 牛田悠理 2 0-2 1-1 0-0 1 1 0 1 0 2 0 0 13
*10 藤原有沙 17 5-14 1-4 0-0 5 2 4 6 5 2 4 0 38
*35 小畑亜章子 5 1-5 1-3 0-0 0 2 5 7 4 7 1 0 40
5 大沼美咲 14 0-0 6-8 2-2 3 6 1 7 1 1 0 1 27
12 服部直子 0 0-0 0-1 0-0 1 2 1 3 1 2 0 0 14
41 伊藤恭子 5 0-3 1-1 3-3 1 0 0 0 0 0 0 0 13
6 浦島慧子 DNP
11 吉田千沙 DNP
14 大庭久美子 DNP
20 阿部幸音 DNP
31 高田汐織 DNP
33 森川悦子 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 2 6 8 0 0 0 0 0
トータル 62 7-29 15-36 11-12 12 20 22 42 16 17 6 3 200
[PTS]ポイント [2P]2ポイントシュート [3P]3ポイントシュート [FT]フリースロー [F]ファール

[OFF]オフェンスリバウンド [DEF]ディフェンスリバウンド [TOT]トータルリバウンド

[TO]ターンオーバー [AST]アシスト [STL]スティール [BLK]ブロックショット [MIN]出場時間

≪ ひとつ前に戻る