第13回Wリーグ 開幕戦
日程 2011年10月1日(土)
会場 ウィングアリーナ刈谷
対戦相手 シャンソン

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 15 22 15 12 64
トヨタ 12 10 15 15 52

<<レギュラーリーグ星取表/順位表はこちら

レポート/Report

1Q:両チームともマンツーマン・ディフェンス。シャンソン#2林、デンソー#8高田のゴール下シュートでスタート。シャンソン#13塚野・#23池住が連続得点で先手を取るが、デンソーも#35小畑・#8高田で同点、さらには#7田中のゴール下で8-6と逆転する。シャンソンは#2林・#8藤吉が冷静にシュート決めるが、デンソーは#8田のフリースロー、#11吉田のカットイン、最後に#35小畑がフリースローを2本決めて15-12とデンソーリードで1Q終了。

 

2Q:デンソー#10藤原・#11吉田の連続3PTSで一気にデンソーペースに。シャンソンはたまらず、タイムアウト。その後、シャンソン#0深野シュートが決めるものの攻めあぐみ、ペースが上がらない。逆に、デンソー#41伊藤のスピードあるカットイン、#10藤原の3PTS、#8高田・#5大沼と次々シュートを決め、終始デンソーペースで15点差をつけ、37-22で前半を終了する。

 

3Q:後半はシャンソン#23池住のシュートでスタートするものの、デンソーも#8高田・#10藤原のブレーク、3PTSで引き離しにかかる。しかし双方シュートが入らず、点差は広がらない。デンソー#10藤原が3本目の3PTS、シャンソン#20元山のシュートが決まり、52-37と依然デンソーリードで3Q終了。

 

4Q:デンソーは#8高田のフリースロー以降点が止まる。その間にシャンソン#23池住、#8藤吉・#13塚野が連続得点し、8点差まで詰める。しかしその後は、シャンソンのアウトサイドシュートが決まらず、苦しい展開に。終盤、シャンソンはファールによるフリースローの得点のみとなってしまいそのまま終了。開幕戦は64-52でデンソーが勝利を挙げた。

ボックススコア/Box Score

NO. 選手名 PTS 3P 2P FT F OFF DEF TOT TO AST STL BLK MIN
*7 田中こずえ 2 0-4 1-4 0-2 1 0 1 1 1 1 0 0 17
*8 高田真希 21 0-0 8-18 5-7 3 7 7 14 1 2 1 0 38
*10 藤原有沙 20 4-8 3-8 2-4 2 1 5 6 2 1 2 1 40
*11 吉田千沙 6 1-2 1-1 1-2 1 1 3 4 1 0 0 0 24
*35 小畑亜章子 4 0-1 1-3 2-2 2 2 6 8 2 5 1 0 39
5 大沼美咲 4 0-0 1-5 2-2 1 2 2 4 1 1 1 0 15
12 服部直子 0 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
31 高田汐織 0 0-0 0-0 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
41 伊藤恭子 7 0-1 2-4 3-4 3 0 1 1 1 2 0 0 24
6 浦島慧子 DNP
9 牛田悠理 DNP
14 大庭久美子 DNP
20 阿部幸音 DNP
33 森川悦子 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 2 4 6 3 0 0 0 0
トータル 64 5-16 17-43 15-23 13 15 29 44 12 12 5 1 200
[PTS]ポイント [2P]2ポイントシュート [3P]3ポイントシュート [FT]フリースロー [F]ファール

[OFF]オフェンスリバウンド [DEF]ディフェンスリバウンド [TOT]トータルリバウンド

[TO]ターンオーバー [AST]アシスト [STL]スティール [BLK]ブロックショット [MIN]出場時間

≪ ひとつ前に戻る