第14回Wリーグ 第12戦
日程 2012年11月4日(日)
会場 ハンナリーズアリーナ
対戦相手 シャンソン

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 20 6 16 21 63
シャンソン 23 19 23 19 84

 

レポート/Report

1Q:両チームハーフコートのマンツーマンでスタート。緊張感のあるディフェンスで互いに2分間ゴールを許さない。先制点はデンソー#14大庭の3PTS。しかしすぐさまシャンソンも#20元山のジャンプシュート、続いて#6本川も3PTSを沈める。デンソーは#5大沼,#14大庭が得点源となりゲームをテンポ良く進める。シャンソンは#12三好が3PTS、ジャンプシュート、ゴール下と果敢に得点を上げていき、1Q終了で23-20とシャンソンが3点リード。

 

2Q:シャンソンは#2林と#23池住の3PTS、#20元山のジャンプシュートで次々に得点を重ねていくのに対し、デンソーはシャンソンの早いタイミングでのディフェンスローテーションにきっかけを作れず、#10藤原のインサイドでの得点を最後に、8分間フィールドゴールを上げることができず、2回のタイムアウトも相手の流れを断つにはいたらず、2Qは6得点と失速。42-26とシャンソンがリードを広げ、前半終了。

 

3Q:後半、デンソーは#5大沼のドライブインと粘りのディフェンスでシャンソンから24秒バイオレーションを奪って流れを呼び込み、#33森川のターンシュートや#14大庭の3PTSで点差を縮める。一方シャンソンは早い展開から#12三好と#21近平のジャンプシュート、#20元山のフリースローであわてずに点差を戻すと、#12三好の3PTSが決まり、流れを取り戻し、更に#23池住の力強いドライブ、フリースローで点差を広げる。残り3分でデンソーはタイムアウトを取り、ディフェンスをオールコートの1-1-2-1と1-3-1のチェンジングゾーンに変更しきっかけを作るが、得点にまではなかなかつなげることができず、65-42でシャンソンのリードは変わらず3Q終了。

 

4Q:デンソーはゾーンディフェンスを継続しチャンスをうかがうが、シャンソンは落ち着いてそれに対応し、#23池住や#20元山のジャンプシュートで得点を重ねる。残り6分、デンソーはタイムアウトを取り、ボールに対しプレッシャーを強くし、#5大沼や#10藤原のゴール下など確実に得点を重ねて追いかけ、#1田中(友)がスティールから3PTSやレイアップなど速攻へと結びつけていく。だが、シャンソンは得点差を見ながら時間を使ってデンソーの猛攻をしのぎ、84-63でシャンソンが勝利した。

ボックススコア/Box Score

No 選手名 PTS 2PM-A 3PM-A FTM-A F OFF DEF TOT AST STL BLK TO MIN
*5 大沼 美咲 13 6-8 0-1 1-2 2 2 7 9 3 0 0 1 33
*9 牛田 悠理 0 0-2 0-0 0-0 1 0 0 0 0 1 0 2 12
*10 藤原 有沙 15 7-12 0-6 1-3 1 0 4 4 2 1 0 5 34
*14 大庭 久美子 10 1-1 2-5 2-2 3 0 2 2 0 1 0 1 28
*33 森川 悦子 2 1-3 0-0 0-0 2 0 2 2 1 0 0 3 24
1 田中 友美 13 2-3 3-4 0-0 1 2 1 3 1 3 0 2 15
3 園田 奈緒 2 1-3 0-0 0-2 0 0 0 0 0 0 0 0 16
11 吉田 千沙 6 2-6 0-1 2-2 1 4 2 6 1 0 0 0 17
20 阿部 幸音 0 0-0 0-1 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
31 高田 汐織 0 0-0 0-2 0-0 1 2 1 3 2 2 0 1 11
41 伊藤 恭子 2 0-1 0-0 2-2 0 0 0 0 0 0 0 1 7
6 浦島 慧子 DNP
7 田中 こずえ DNP
8 高田 真希 DNP
12 服部 直子 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 2 3 5 0 0 0 0 0
トータル 63 20-39 5-20 8-13 12 12 22 34 10 8 0 16 200

 

≪ ひとつ前に戻る