第14回Wリーグ 第21戦
日程2012年12月8日(土)
会場西尾市総合体育館
対戦相手山梨
 
チーム名1st2nd3rd4thOT1TOT
デンソー1710132161
山梨1373932
 

レポート/Report

1Q:両チームマンツーマンでスタートした。山梨は立ち上がりから、小まめなメンバーチェンジを繰り返し、チャンスを探っていく。しかし、お互いリズムをつくることができずゲームは進んだ。試合が動いたのは14対13のデンソーリードで向かえた残り26秒だった。タイムアウトをとった山梨ボールをデンソー#12服部がパスカット。そこからの#14大庭のランニングシュートがバスケットカウントとなり16対13、#14大庭はそのワンショットをきっちりと決めて17対13でデンソーが流れをつかみ1Qが終わった。 
2Q:序盤より、このクォーターから登場したデンソー#41伊藤の活躍が目立った。ランニングシュートに始まり、スティール、3PTSと運動量の高い動きで活躍する。さらに残り4分、デンソー#14大庭がファールで飛ばされながらも強引なドライブでねじ込み、27対13とデンソーペースでゲームは進んだ。得点が得られない山梨が流れを引き戻したのは残り3分、#12八木からのゴール下へのパスを決めた#6佐藤だった。それに続き、山梨は#2岡田が3PTSを決め27対18と追い上げる。連続得点を許したデンソーはタイムアウトで流れを止めようと試みるも、さらに#12八木にジャンプシュートを決められ27対20で引き離そうとするデンソーに山梨が食らい付く形で前半が終了した。 
3Q:両チーム得点を得られないままゲームが進んだ。後半戦最初の得点は開始3分デンソー#10藤原によるミドルポストからのターンシュートだった。対する山梨もすぐさま#3金原がリバウンドをそのままねじ込み応戦するも、デンソー#10藤原は連続3PTSで35対22とさらに引き離す。山梨は、たまらずタイムアウトを取るが、流れは変わることなく40対23でデンソーが引き離す形で3Qが終わった。 
4Q:最終クォーター、なんとか巻き返したい山梨だがトラベリング等ターンオーバーが重なりシュートまで持っていけない。一方、デンソーは着実に得点を重ねていく。山梨はシュートまで持っていけないままゲームは進み、外角からの3PTSをなんとか3本決めるものの、61対32の大量リードでデンソーが勝利した。

ボックススコア/Box Score

No選手名PTS2PM-A3PM-AFTM-AFOFFDEFTOTASTSTLBLKTOMIN
*1田中 友美51-20-13-43022730124
*3園田 奈緒21-40-00-01066000520
*5大沼 美咲00-10-00-02156001019
*10藤原 有沙163-103-41-31235140225
*14大庭 久美子102-31-73-41000001230
6浦島 慧子31-20-01-3111200004
7田中 こずえ00-00-00-0000000014
9牛田 悠理00-00-00-0001100003
11吉田 千沙61-21-41-22134000221
12服部 直子63-30-00-03235112014
20阿部 幸音30-01-20-0001100015
31高田 汐織30-11-10-0000000008
33森川 悦子00-00-00-0001110002
41伊藤 恭子72-51-10-00022240121
8高田 真希DNP
チームスコア00-00-00-0035800000
トータル6114-338-209-16141033431212415200
 

≪ ひとつ前に戻る