第14回Wリーグ 第6戦
日程 2012年10月14日(日)
会場 松山市総合コミュニティーセンター
対戦相手 トヨタ紡織

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 19 16 18 20 71
トヨタ紡織 9 15 8 8 40

 

レポート/Report

1Q: 両チームマンツーマンディフェンスでスタート。#14大庭の3PTSでデンソーが先制する。さらに#14大庭の1on1からバスケットカウント、フリースローも決まりデンソーが流れを掴む。トヨタ紡織はアウトサイドを中心に#11三吉がシュートを狙いに行くが、デンソーのディフェンスが厳しく得点できない。残り6分、12-2とデンソーが10点リードの場面でトヨタ紡織はタイムアウト。その後、落ち着きを取り戻したトヨタ紡織は#0池田、#15山中の3PTSが連続で決まるが、デンソーも#9牛田や#10藤原などがリズムよくシュートを決め、9-17とデンソーが8点リードで終了。

 

2Q:2Qに入り、トヨタ紡織は#33長部、#9野町のアウトサイドを起点に攻撃を組み立てる。対するデンソーも#14大庭のアウトサイド、#12服部のインサイドでバランス良く加点していき、一進一退の攻防となる。お互いディフェンスをよく頑張り、得点できない時間が続くなか、トヨタ紡織#33長部のインサイド、#1岡田がフリースローを決める。デンソーも#1田中の3PTSが決まり24-33とデンソーがリードを9点に広げ前半を終える。

 

3Q:前半同様、両チームともディフェンスを頑張り、簡単にシュートを打たせない。そんな中、デンソー#10藤原が3PTSを2本、さらに1on1などで10得点を挙げる活躍で、デンソーが一気にリードを広げる。残り4分、29-45とデンソーが16点リードの場面でトヨタ紡織はタイムアウト。その後、ディフェンスを3-2のゾーンディフェンスに変えるが、早いボール回しから#14大庭が落ち着いて3PTSを沈めるなど、デンソーの優位は変わらない。トヨタ紡織もアウトサイドスクリーンから#0池田、#9野町がアウトサイドからシュートを狙うがことごとく決まらず、32-51とデンソーが19点と大きくリードして終了。

 

4Q:最後まで攻撃の手を緩めないデンソーは、トヨタ紡織の3-2のゾーンディフェンスに対して#33森川の高さを生かし加点していく。トヨタ紡織は焦りからか、ノーマークのシュートが決まらずデンソーのリードがさらに広がる。大量リードにより落ち着いたオフェンスを展開し、#20阿部の3PTS、さらに相手のファールを誘い、次々とフリースローを沈めていく。結局、チーム一丸となった激しいディフェンスからリズムを掴んだデンソーが、トヨタ紡織にリズムを与えることなく40-71で勝利を収めた。

ボックススコア/Box Score

No 選手名 PTS 2PM-A 3PM-A FTM-A F OFF DEF TOT AST STL BLK TO MIN
*9 牛田 悠理 9 4-8 0-0 1-2 3 1 6 7 1 2 0 1 25
*10 藤原 有沙 14 2-6 3-9 1-2 2 2 2 4 1 2 0 4 33
*14 大庭 久美子 20 3-5 4-9 2-3 1 0 2 2 3 1 0 3 28
*33 森川 悦子 7 1-3 0-0 5-6 4 3 5 8 0 0 0 0 19
*41 伊藤 恭子 1 0-5 0-1 1-2 2 1 3 4 2 0 0 0 33
1 田中 友美 9 1-3 1-1 4-4 2 1 4 5 2 0 1 2 12
3 園田 奈緒 2 0-0 0-0 2-2 0 1 0 1 0 2 1 0 9
5 大沼 美咲 0 0-2 0-0 0-0 1 1 2 3 1 0 0 0 8
11 吉田 千沙 0 0-1 0-0 0-0 1 0 3 3 0 0 0 1 5
12 服部 直子 2 1-2 0-0 0-0 1 3 0 3 0 0 1 1 14
20 阿部 幸音 3 0-1 1-2 0-0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
31 高田 汐織 4 1-1 0-1 2-2 1 0 2 2 0 0 0 1 7
6 浦島 慧子 DNP
7 田中 こずえ DNP
8 高田 真希 DNP
チームスコア 0 0-0 0-0 0-0 0 2 7 9 0 0 0 3 0
トータル 71 13-37 9-23 18-23 18 15 36 51 10 7 3 16 200

 

≪ ひとつ前に戻る