第16回Wリーグ セミファイナル第1戦
日程 2015年3月21日(土)
会場 代々木第2体育館
対戦相手 富士通

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 17 14 13 15 59
富士通 17 10 21 20 68

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#9牛田、#14大庭、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 立ち上がりは、デンソー#8高田のミドルシュートで先制。富士通は2-3のゾーンディフェンスを仕掛けるが、デンソーはリズム良くパスを回し#9牛田のジャンプシュートが決まる。富士通は#10町田のジャンプシュート、#11篠崎の3Pで応戦。しかしすぐさまデンソーも#8高田のジャンプシュート、#41伊藤の3Pで得点する。残り時間5分10-9デンソー1点のリード。中盤、お互い積極的に攻撃を仕掛ける中、デンソー#14大庭の3Pが決まる。その後、富士通は#15山本の3Pが決まるが、デンソーも#14大庭の1on1で得点を重ね、残り時間3分、15-11デンソー4点リード。終盤、富士通は#0長岡、#15山本の3Pで逆転。終了間際、デンソーは#11吉田のゴール下が決まり、1Qは17-17の同点。

 

2Q: 富士通はハーフコートからゾーンディフェンスを仕掛ける。お互いの堅いディフェンスでなかなか得点が決まらない中、デンソーは#11吉田の3P、#41伊藤のフリースローで得点する。富士通は#10町田を中心に攻撃を仕掛ける。その後、デンソーは途中交代の#13伊集がジャンプシュートを決め残り時間6分15秒24-21デンソー3点のリード。中盤、富士通は#12篠原のポストプレイで得点。デンソーは#8高田のジャンプシュートで応戦する。終盤もお互い激しいディフェンスを仕掛けなかなか得点に繋がらない時間帯が続くが、残り時間1分28秒デンソー#11吉田の3Pが決まり29-25デンソー4点リード。最後はデンソー#13伊集の1on1、富士通は#10町田のドライブインが決まり、31-27デンソー4点リードで前半を折り返す。

 

3Q:開始早々デンソー#9牛田のドライブインが決まる。富士通は#15山本、#11篠崎の3Pで同点に追いつく。その後、デンソーは#14大庭の3Pが決まるが、富士通も#10町田が3Pでやり返し、残り時間7分30秒36-36の同点。一進一退の攻防が続く中、富士通は#15山本の3P、#12篠原のゴール下が決まり、残り時間5分53秒38-43富士通が5点リードしたところでデンソータイムアウト。タイムアウト後、富士通は#11篠崎のジャンプシュート、#12篠原のポストプレイが決まる。デンソーは#41伊藤からのアシストで#9牛田が得点。続いて#9牛田のジャンプシュートで加点し、残り時間2分40秒42-27富士通5点リード。終盤お互い粘りのあるディフェンスで無得点の時間が続くが、終了間際デンソー#13伊集がシュートファールをもらいフリースローを2本決め、44-48富士通4点リードで最終Qへ。

 

4Q:立ち上がり、富士通#10町田がドライブインからファールを誘いフリースローで得点する。デンソーはシュートチャンスを上手く作り出せない中、富士通#0長岡がフリースローを決める。その後も富士通のリズムで試合が進み、残り時間6分9秒44-54富士通10点リードでデンソータイムアウト。タイムアウト後、富士通は#1三谷の3Pが決まる。デンソーは#41伊藤のドライブインでようやくこのクォーター初得点。中盤、富士通は#0長岡のドライブインで得点。デンソーは#8高田の連続得点で応戦するが、富士通も#1三谷が3Pを決め、なかなか得点差が縮まらない。その後デンソー#13伊集の連続3Pが決まる。最後は富士通がデンソーのチームファールを利用しフリースローで得点を重ね、最終スコア59-68富士通9点リードでセミファイナル第1戦は惜しくも富士通に敗退した。

選手コメント

≪伊藤選手≫
今日の試合もたくさんの方々が応援してくださったのに、負けてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。最初デンソーの得点からスタートしましたが、その後、良い流れを続けることが出来ませんでした。途中から足が止まりデンソーらしいプレーが出来てなかったので、明日の試合は切り替えてもっと走ってもっと強くプレーしたいと思います!昨年と同じ状況になってしまいましたが、必ず勝って次に繋げます!応援よろしくお願いします!

 

≪伊集選手≫
たくさんの応援ありがとうございました。明日の試合は勝たないともう後がない状況ですが、今日出来なかった事をしっかりと修正し、明日は出だしから自分たちのバスケットを展開出来るようにしたいと思います。明日も応援よろしくお願いします!

 

≪ ひとつ前に戻る