第16回Wリーグ 第17戦
日程 2015年1月24日(土)
会場 旭川市総合体育館
対戦相手 富士通

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 14 14 11 17 56
富士通 18 11 20 20 69

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#9牛田、#13伊集、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 開始早々、富士通#10町田のドライブイン、#12篠原のフリースローで先制される。さらに、#10町田、#15山本の積極的な攻撃で開始7分44秒0-9富士通リード。デンソーは富士通のディフェンスに対し、ターンオーバーが続いてしまい苦しい立ち上がり。しかし、残り6分#41伊藤のゴール下シュートが決まりデンソー初得点。更に#41伊藤選手の3P、#8高田の2P、#13伊集の連続攻撃で徐々に点差を縮めていく。その間、富士通#10町田に攻撃を許すが、終盤、デンソー#8高田のロングシュートが決まり14-18富士通リードで1Q終了。

 

2Q: 立ち上がりはデンソー#11吉田の2P。対する富士通も#11篠崎が応戦。その後、富士通#0長岡に加点されるが、ここでデンソー#31高田の3Pが決まる!残り5分13秒で19-22、3点差とし、富士通タイムアウト。その後、富士通#45名木らに連続で攻撃されるが、すぐさまデンソー#8高田のミドルシュート、#11吉田の3Pで流れは渡さない。終盤、相手のゾーンディフェンスに対し、デンソーは早いパス回しから、得点に繋げ残り24秒、26-29。富士通タイムアウト後、デンソー#41伊藤の苦し紛れのインサイドシュートが終了間際に決まり、28-29富士通1点リードで2Q終了。

 

3Q:3Q開始は富士通に先制を許すが、すぐさまデンソー#11吉田の3P、#41伊藤のミドルシュートで反撃。富士通は#11篠崎を中心に得点に繋げる。デンソーは#11吉田の1on1、#31高田の連続攻撃で得点に絡み残り3分30秒、39-42と3点差まで追い上げる。しかしその後は、富士通に次々とシュートを決められ、39-49富士通リードで最終Qへ。

 

4Q:デンソー#8高田の連続攻撃で一気に追い上げ、開始1分43-49、3点差。その後、富士通#7中畑らの攻撃でリードを許すも、デンソー#10藤原の3Pで追いすがる。しかし中盤にかけて富士通は中外でバランス良く得点を重ね、残り4分48-58富士通10点リード。デンソーは、富士通のゾーンディフェンスを崩せず苦しい展開。富士通は、ディフェンスからアーリーオフェンスで得点に繋げ勢いが増してしまう。デンソーは#10藤原・#41伊藤の3Pで追い上げを図るが、なかなか点差は縮まらない。残り1分を切り、富士通にゲームをコントロールされるが、終了間際にデンソー#1田中のシュートで食い下がる。しかし、最後に富士通#1三谷の3Pを許し、最終スコア56-69で富士通に敗れた。

選手コメント

≪藤原選手≫
今日は試合の出だしのところで後手になってしまったのを、少し挽回出来たのは良かったのですが、また後半の出だしでやられてしまったので、明日は入りをしっかりしていきます。一人一人が役割を徹底して明日は勝ちにいきます。
たくさんの応援ありがとうございました。

 

≪高田(汐)選手≫
たくさんの応援ありがとうございました。今日は地元開催ということで、何としてでも勝ちたかったのですが、とても悔しいです。明日はしっかり勝ちに行き、富士通に2勝1敗でリーグ戦を勝ち越すことが出来るよう頑張ります。デンソーの応援よろしくお願いします。

 

≪ ひとつ前に戻る