第17回Wリーグ プレーオフ・セミァイナル第1戦
日程 2016年2月27日(土)
会場 秋田県立体育館
対戦相手 JX-ENEOS

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 8 9 23 16 56
JX-ENEOS 14 20 19 18 71

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#12赤穂、#13伊集、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 立ち上がりは、JX-ENEOS#10渡嘉敷のインサイド攻撃からフリースローで得点。しかしすぐさまデンソー#31高田の3Pで応戦。JX-ENEOS#23大沼がドライブで切り込み加点し、残り7分、3-4。更に続けてJX-ENEOS#23大沼がターンシュートで得点を決める。デンソーは相手のディフェンスに苦しむが#13伊集が得点に絡み繋ぐ。しかしそんな中、JX-ENEOS#11岡本、#23大沼が連続で得点を重ねていく。残り3分デンソーも#12赤穂がインサイドで得点し、7-10一進一退の展開となる。JX-ENEOSは#23大沼が積極的に攻撃を仕掛けていく。更にJX-ENEOSはボールマンに対してWチームを仕掛けボール運びも苦しめる。デンソーは終了間際、#8高田のフリースローで1本追加、8-14JX-ENEOSリードで1Q終了。

 

2Q: 先制はデンソー#10藤原のドライブイン。JX-ENEOSは#10渡嘉敷のフリースロー。更にデンソーは#14大庭が2Pで加点し、残り8分12-16、4点差。しかしここで、JX-ENEOS#10渡嘉敷、#21間宮のインサイドが機能し始め、連続して得点を与えてしまいリードが広がっていく。ここでデンソータイムアウト。中盤以降もJX-ENEOSはインサイドで攻撃し、デンソーはなかなか得点に絡めず苦戦するも、#13伊集が2Pを沈めて残り5分、14-22。その後もJX-ENEOSは攻撃を緩めず、次々と加点されるが、デンソーはシュートチャンスをいかせず無得点の時間が続く。残り1分半、14-30デンソータイムアウト。デンソーは相手のプレッシャーディフェンスを攻略できず、パスミスからJX-ENEOSに得点を許してしまうが、終盤デンソー#10藤原の3Pで何とか挽回し、17-34JX-ENEOSリードで前半終了。

 

3Q:出だしはJX-ENEOS#10渡嘉敷から#23大沼への合わせで先制されるが、すぐさまデンソー#13伊集の2Pで応戦。更に#13伊集に対してシュートファールが起こり、フリースローで得点。しかしJX-ENEOSはバランス良く攻撃し残り8分、21-40と得点を伸ばす。デンソーは機動力をいかしコートを走りまわり、#8高田の連続得点、#12赤穂のミドルシュートで追い上げ、残り5分半、27-42JX-ENEOSタイムアウト。JX-ENEOSはインサイドにボールを集め、外角シュートへの得点に繋げていくが、デンソーも負けじと、#12赤穂の2Pで食い下がる。更に#14大庭の1on1からフリースロー、更に#8高田がリバウンドシュートを決める。残り3分、32-49。終盤、デンソーは#10藤原、#14大庭、#13伊集の3Pで得点を重ね、リズムを取り戻す。更に終了間際、デンソー#14大庭がドライブを仕掛けてフリースローに繋げ、1Pカウント。しかしブザービーターでJX-ENEOS#52宮澤のシュートが決まり、40-53、13点差で3Q終了。

 

4Q:ディフェンスから早い切り替えしで、JX-ENEOS#10渡嘉敷へのファーストブレイクで得点。更にその後も連続で得点を与え、40-59。続けて、#0吉田の3P、#21間宮の2Pでリードを広げられるが、デンソー#10藤原が3Pを決めて意地をみせる。残り7分、43-64になったところで、JX-ENEOSタイムアウト。デンソーは機動力で相手とのズレをつくり、#41伊藤が3Pを含む連続得点に繋げ、残り5分半、48-64。高さが勝るJX-ENEOSはインサイドで得点を重ねていくが、デンソーもシュートチャンスを生かし#8高田が2Pを決める。更にデンソーはハイロ―で#12赤穂の得点に繋げて、更には、#8高田の1on1からフリースローで加点、残り2分半、54-71。終盤、デンソーはシュートを確実に決めていくが、蓄積された相手のリードを縮めることができず、残念ながら、56-71で敗れた。

選手コメント

藤原有沙選手
今日は前半で、得点が伸びませんでした。決めきらなければいけないシュートがたくさんあったと思います。明日は一人一人がシュートに対する意識を強く持ち、臨んでいきます。なんとしてでも勝てるようチーム全員、強気でいきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

≪ ひとつ前に戻る