第17回Wリーグ レギュラーシーズン 1次ラウンド 第12戦
日程 2015年11月15日(日)
会場 ウィングアリーナ刈谷
対戦相手 トヨタ紡織

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 19 18 11 27 75
トヨタ紡織 19 19 25 17 80

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#11吉田、#12赤穂、#13伊集、#41伊藤

 

1Q: 先制、デンソー#12赤穂のリバウンドシュート。トヨタ紡織は#13畠中のミドルシュート。その後、デンソーは#41伊藤のファーストブレイク、トヨタ紡織は#11川原の3P、#33長部の2Pで4-7とリードされる展開。残り5分、デンソー#13伊集の3Pで一時同点となるが、すぐさまトヨタ紡織#33長部の得点で再びリードされる。デンソーは、#8高田のインサイドで確実に得点を取りにいくが、トヨタ紡織は積極的に攻撃を仕掛け、#11川原の得点で残り3分11-12トヨタ紡織リード。しかしここで、デンソー#41伊藤がカウントワンスローを決めて、13-12デンソーリード。残り2分、トヨタ紡織#11川原の連続攻撃、#33長部の2Pでじりじりと引き離される。しかし残り1分を切り、#12赤穂のフリースロー、終了間際の#14大庭の3Pで19-19同点で1Q終了。

 

2Q: 2Qはデンソー#8高田のミドルシュートでスタート。トヨタ紡織は#33長部の連続攻撃。デンソーは#41伊藤の1on1、#8高田のインサイド、#10藤原の3Pで、残り7分、30-24逆転!トヨタ紡織タイムアウト後、#11川原の攻撃で流れを引き戻すが、デンソー#12赤穂の2Pで一進一退の攻防となる。その後、トヨタ紡織#33長部の速攻が決まり、残り5分半、32-30デンソータイムアウト。中盤以降も激しい攻防が続き、トヨタ紡織は#13畠中、デンソーは#9牛田の2P、#8高田のインサイドで得点を重ねる。残り2分、36-33デンソーリード。終盤、デンソーは#13伊集が早くボール運びから1on1でファールを誘い、フリースローで得点するが、トヨタ紡織#11川原の2P、#15山中の3Pで逆転を許し、37-38トヨタ紡織1点リードで2Q終了。

 

3Q:後半デンソーメンバー、#8高田、#11吉田、#12赤穂、#13伊集、#41伊藤。

トヨタ紡織#33長部のフリースローでスタート。デンソーは#41伊藤の攻撃で応戦するが、その後デンソーはトヨタ紡織のインサイドへの寄りに対しパスをさばけず、なかなか得点に繋げることができない。対するトヨタ紡織は#33長部、#9野町といった外角シュートを中心とした攻撃で得点を重ねていき、残り6分、39-48デンソータイムアウト。トヨタ紡織は完全に主導権を握り、次々と得点していく中、デンソー#10藤原の3P、#8高田のインサイドで食い下がる。残り4分44-54。終盤、お互いチームファールとなり、フリースローで両チーム得点していく。デンソーは#10藤原の2Pで繋ぎ、何とかついていくがミスが目立つ。勢いづいたトヨタ紡織は#9野町を中心に得点を重ね、48-63トヨタ紡織にリードされたまま最終Qへ。

 

4Q:出だしトヨタ紡織#33長部の得点、デンソーは#10藤原の3Pでスタート。トヨタ紡織の攻撃が成功しここでたまらずデンソータイムアウト。その後、デンソーは#12赤穂のカウントワンスローを含むインサイド攻撃で得点を重ね、残り6分半、56-67。デンソーはアーリーオフェンスでシュートを狙うがリングに阻まれ点差は縮まらない。デンソータイム後、#12赤穂のインサイド攻撃が決まり、残り4分半、58-72。デンソー#41伊藤の1on1、#12赤穂の2Pで残り4分62-72、10点差。トヨタ紡織は#13畠中らの攻撃で加点し、デンソーに流れを渡さない。残り2分、62-76。デンソーは後半か追う展開となるが、トヨタ紡織のチームファールに対して#8高田がフリースローで得点。残り1分23秒、64-76トヨタ紡織タイムアウト。タイムアウトあけ、デンソーボールでスタート、#8高田の2Pが決まるが、トヨタ紡織の攻撃は収まらず得点を重ねる。終盤、デンソーは、#10藤原、#41伊藤、#14大庭の連続3Pで5点差まで追い上げるが時すでに遅し、75-80で残念ながら敗戦となった。

選手コメント

赤穂さくら選手
お忙しい中会場に足を運んで頂きありがとうございます。
残念ながら負けてしまいましたが、最後まで熱い応援ありがとうございました。
みなさんの応援はすごく力になります。
次は1週空くのでしっかりと休養を取り、気持ちを切り替えてまた試合に臨みたいと思います!

 

≪ ひとつ前に戻る