第17回Wリーグ レギュラーシーズン 1次ラウンド 第20戦
日程 2015年12月20日(日)
会場 ウィングアリーナ刈谷
対戦相手 三菱電機

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 20 15 21 21 77
三菱電機 14 11 15 14 54

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#12赤穂、#13伊集、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 先制は三菱電機#24王のインサイド2P。更に#12風間のゴール下シュートで開始2分0-4三菱電機リード。デンソーは#8高田のインサイド攻撃に対しフリースローで得点する。しかしすぐさま三菱電機#24王に得点を許し苦しい立ち上がりとなる。デンソーはその後、#12赤穂のミドルシュートで応戦するも、三菱電機#15西岡が高さを活かし2Pカウント。中盤以降はお互い激しい攻防となり、デンソー#13伊集、#41伊藤の連続攻撃で、残り3分半、8-9、1点差。しかしその後、三菱電機#24王のポストプレーで追加点。残り2分半を切り、デンソー#41伊藤がスクリーンを使い3Pに繋げて11-11同点とし、続けて#13伊集の2Pで逆転に成功!その後もリズムを掴んだデンソーは#8高田がインサイドで勝負、フリースローで得点し、#13伊集の3P、#41伊藤のフリースローで、20-14デンソーリードで1Q終了。

 

2Q: 開始2分は両チームノーゴール。得点が動いたのはデンソー#11吉田のポストプレーで2P。更に続けて3Pも沈め、残り7分17秒、25-14と11点差に引き離したところで三菱電機タイムアウト。デンソーは2on2から#9牛田のゴール下シュート、更には#8高田の2Pでリードを広げる一方、三菱電機も#45渡邉がシュートを捻じ込み何とか繋げる。しかしその後、デンソー#13伊集のファーストブレイクからバスカン。フリースローもしっかり決める。対する三菱電機は#4根本らの攻撃で応戦し、残り4分、32-21。 終盤、三菱電機は#4根本が得点に絡み、デンソーは#13伊集がトップからドライブで切り込みレイアップで加点。残り2分18秒、34-23デンソータイムアウト。タイムアウト後、三菱電機#45渡邉の攻撃が成功し、34-25。終了間際、デンソーはインサイドにボールを集めるがチャンスを掴めず、残り42.6秒、三菱電機タイムアウト。残り1.5秒、デンソー#8高田のフリースローが決まり、35-25デンソーリードで前半終了。

 

3Q:デンソー後半メンバー、#8高田、#12赤穂、#13伊集、#31高田、#41伊藤。

デンソー#8高田のミドルシュートで先制。三菱電機は#45渡邉のフリースロー。序盤はお互い得点の入れ合いとなり、デンソーは#41伊藤が中心に得点を重ね、三菱電機は#15西岡が攻撃を仕掛ける。残り7分半、デンソー#12赤穂がリバウンドシュートを決めて43-30デンソーリード。その後は、三菱電機#12風間、#4根本が連続で3Pを決めるが、デンソーは#8高田が着実に得点を重ね残り5分、49-36。デンソーは#13伊集が早いボール運びから#31高田の速攻、#8高田のポストプレーで得点し、残り2分、53-36、17点リード。対する三菱電機は#45渡邉の積極的な攻撃で食い下がる。終了間際、デンソー#31高田が3Pをブザービーターで決めて56-40デンソーリードで最終Qへ。

 

4Q:4Qは三菱電機#45渡邉の2Pでスタート。しかしデンソーも#13伊集の2Pで応戦。三菱電機は#4根本が積極的に攻撃を仕掛ける。その後も両チーム攻撃を緩めず、デンソーは#13伊集の3P、#41伊藤のミドルシュート、三菱電機は#45渡邉の得点で残り6分26秒、63-46三菱電機タイムアウト。タイムアウトあけ、デンソーは#8高田のインサイド攻撃に対してファール。カウントワンスローが決まり、残り4分35秒、66-46、20点リードで三菱電機タイムアウト。デンソーはその後、#8高田のカウントワンスロー、#21加藤の得点で残り3分、71-48。終盤、三菱電機#2松本の得点に対し、デンソーは#21加藤がドライブで切り込み加点。続けて#21加藤が積極的にシュートを放ち得点すると、途中交代の#7本多も2Pを決め、最終スコア77-54で年内最後のホームタウンゲームを勝利で飾った!!

選手コメント

加藤瑠倭選手
ホームゲームたくさんの応援ありがとうございました。年内ラストゲーム、私としても自分の得意とするドライブで点を取ることができチームも勝利で終わることができました。年明けからは、オールジャパンも始まり、リーグも後半戦に入ります。アイリスらしくチーム一丸となって頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

 

≪ ひとつ前に戻る