第17回Wリーグ レギュラーシーズン 2次ラウンド 上位リーグ 第23戦
日程 2016年1月30日(土)
会場 姫路市立中央体育館
対戦相手 シャンソン

 

チーム名 1st 2nd 3rd 4th OT1 TOT
デンソー 10 15 12 19 56
シャンソン 20 10 9 24 63

 

>>BOX SCOREはこちら

レポート/Report

【スターティングメンバー】#8高田、#12赤穂、#13伊集、#31高田、#41伊藤

 

1Q: 先制はシャンソン#22河村のゴール下シュート。デンソーは#12赤穂のミドルシュート。序盤、シャンソン#12三好の3P、#6本川のフリースローで、開始2分、2-7シャンソンリード。更に続けて#6本川の3Pが決まり、デンソーは苦しい立ち上がり。デンソーは#8高田にボールを集めるが、ディフェンスのよりも早くなかなかシュートまで繋げることができない。そんな中、シャンソン#22河村のゴール下への合わせで2点追加。残り4分、2-12。残り3分を切り、デンソーはやっと#8高田の2Pが決まる。しかしすぐさまシャンソン#25井潤のリバウンドシュートで残り2分24秒、4-14になったところで、デンソータイムアウト。デンソーはその後も苦しい展開が続くが、#8高田がインサイドで攻撃を仕掛け、フリースローで得点する。しかしその間もシャンソンは#22河村、#20元山の得点でリードを広げていく。残り1分、デンソーもようやくリズムを掴み、#9牛田のミドル、#13伊集のドライブで加点するが、終了間際、シャンソン#12三好がブザービーターを決めて、10-20シャンソンリードで1Q終了。

 

2Q: 両チーム開始3分ノーゴール。得点が動いたのは、シャンソン#22河村のフリースロー。しかしすぐさまデンソー#14大庭の3P、#8高田のファーストブレイクが決まり一進一退の展開が繰り広げられる。デンソーはこれで流れを掴むかと思われたが、シャンソン#6本川の得点で主導権を握られる。しかしデンソーは#41伊藤の積極的なドライブにシュートファールが起こり、フリースローで得点する。残り4分20秒、17-24、7点差。その後もデンソーは#8高田がインサイドを中心に攻撃しフリースローで得点。対するシャンソンは#6本川が集中力を切らさず得点していく。しかし先ほどのファールでシャンソンはチームファールとなり、デンソーはフリースローを確実に決めて、21-26、5点差!更に#14大庭の1on1の得点、フリースローでチームに勢いを付けるも、シャンソン#22河村が高さを活かし得点を重ねて、残り23.1秒、25-30シャンソンタイムアウト。タイムアウト後、シャンソンボールで再開するも、シュートまで持ち込めず、25-30シャンソンリードで前半終了。

 

3Q:デンソー後半メンバー、#8高田、#12赤穂、#13伊集、#31高田、#41伊藤。

後半開始はデンソー#9牛田のミドルシュート。シャンソンは#20元山の2P。残り7分23秒、デンソー#8高田のバスケットワンスローで30-32、2点差に詰め寄る。しかしすぐさまシャンソン#22河村のシュートで、30-34、4点差。デンソーは#13伊集のドライブに#31高田がゴール下に合わせて、シュートファール。フリースローで再び2点差。残り4分24秒、デンソーはディフェンスリバウンドからアーリーオフェンスで#31高田の3Pに繋げ、35-34逆転に成功!ここでシャンソンたまらずタイムアウト。タイムアウト後、2分間お互いの得点が止まるが、デンソー#31高田のゴール下合わせで得点、残り1分20秒37-34デンソーリード。その後、シャンソン#12三好のフリースロー、#20元山の3Pで逆転を許し、37-39、2点ビハインドで最終Qへ。

 

4Q:4Q開始、デンソー#10藤原の2Pで39-39同点とするが、すぐさまシャンソン#6本川の3P、更には鋭いドライブからのシュートを捻じ込み、残り7分41秒、39-44デンソータイムアウト。シャンソンはその後も攻撃を緩めず、#22河村を中心に攻撃を仕掛けていく。残り6分40秒、39-48シャンソンリード。デンソータイムアウト後、フロントコートからプレッシャーを仕掛けるが、相手に得点を与えてしまう。残り5分を切り、デンソーは#14大庭の1on1、#8高田のフリースローで43-51、8点差とする。残り3分11秒、デンソー#41伊藤のドライブインで2点追加。45-51、6点差でシャンソンタイムアウト。終盤、お互いインサイドで得点し点差は変わらず時間が進む。デンソーはディフェンスでプレッシャーを仕掛ける分、ノーマークも起きやすく、合わせで得点されてしまう。そのな中デンソー#14大庭の得点で喰らいつくも残り時間1分24秒、49-55デンソータイムアウト。#20元山のフリースローで再開。2本カウントでデンソーボール。ここで#14大庭の3Pが決まり、52-57、5点差まで詰め寄るが、シャンソンはデンソーのチームファールを利用しフリースローで加点、主導権を渡さない。デンソーは終了間際、#8高田が奮闘するも、残念ながら56-63で惜敗となった。

選手コメント

牛田悠理選手
今日もたくさん応援ありがとうございました。
序盤から追いかける形となり苦しい時間帯が長く続き、最後はディフェンスが崩れてしまいました。その中でも自分たちのバスケットが出来たところもあると思います。切り替えるところはしっかりと切り替え、明日に繋げていきたいと思います。

 

≪ ひとつ前に戻る